• 首肩こり自律神経専門マッサージ治療室アンベリール

首肩こりと枕の関係

「朝起きた時に首がこっているのですが枕が合っていないからですか?」 こうした質問も多く頂きます。いつも言うように治療家にはそれぞれ信じる治療理論がありますので、あくまで私個人の答えとしてですが、私は「よほど高さのある殿様枕でも使わない限り、首肩こりの原因として枕の影響はほとんど関係ない」です。


では何が原因か。それは別記事「朝起きた時に感じる首こり」に書いていますので、そちらをご覧頂くとして、問題は寝る時に使う枕ではなく “どんな(自律神経の)状態で寝ているか” が重要なのです。


現在私のところにも「もう何年と朝起きた時に首こりがするし、寝ても疲れが取れない」とお悩みの方がマッサージをしにいらしていますが、その方も最初は枕が原因だと聞き “あの枕がいいと聞けば買い、この枕がいいと聞けばそれに買い替え、何度と買い替えを繰り返したあと最後には完全オーダーの高級枕まで買ってみたものの効果が得られなかった”という経緯がありました。そうした方は少なくなく、先ほどの方も含め皆さん「枕を変えた後一週間くらい調子がいい」と感じてしまうために、やはり枕が原因と思うようになり更なる買い替え連鎖がとまり難い傾向があるようです。


しかし私からみると、そうした皆さんはやはり “睡眠までの準備段階(眠りへの入り方)や睡眠中の状態に原因がある” ようです。こうしたことに思い当たる方がいらっしゃいましたら、一度他の原因にも目を向けてみるのもおススメです!



★ブログ村【肩こり】ランキングに参加中!よろしければクリックをお願い致します!

最新記事

すべて表示

首肩こり本番の季節

今年の秋は例年と比べて寒くなるのが遅い気がしていましたが、ここにきてようやく寒くなってきたように思います。 こうしたこれからの季節、実は首肩こり本番の季節となります。 というのも、首肩こりの大きな原因となっている交感神経の働きは寒くなると強くなるからなのです。つまり『寒くなる→交感神経の緊張が高まる→筋肉が硬直する→首肩こりが出る』といったことになるのです。 そしてこの秋冬の季節だけではなく、この

『不安』と『恐れ』が生む首肩こり

アンベリールでは自律神経の不調が原因となる首肩こりの施術を行っているわけですが、そもそも何がその自律神経の不調を引き起こしているのか、というのは人によって違います。 例えば今時期のこうした季節の代わり目であれば、急激な温度変化に身体がついていかず自律神経の不調を引き起こすこともあるでしょうし、PCやスマホを長時間見る生活が続けばそれも原因となる方がいます。 しかしそれ以上に根深い原因として、感情の

夏特有の首肩こりと温度差にご注意を

連日暑い日が続いていますが皆さん体調など崩されていないでしょうか。 アンベリールが主に扱う自律神経の不調は、いわゆる緊張型の神経である交感神経が過度に働くものです。中でもその影響が顕著に現れる首肩こりを専門にしているわけですが、人間本来の仕組みで言えば夏は副交感神経が優位に働く季節であり、首肩こりも和らぐシーズンとなるはず・・・なのですが、現代生活においては冷房はもはや欠かせないものとなっていて、