• 首肩こり自律神経専門マッサージ治療室アンベリール

寝る前の過ごし方にご注意を

何度も言っていることですが、現代特有の首肩こりは姿勢が主な原因となっていた旧来の肩こりとは違って、自律神経の不調が主な原因として大きく関わっています。つまりこれはパソコンやスマホを見ている“姿勢”が大きな問題ではなく、パソコンやスマホから受ける画面の刺激などが交感神経を過度に働かせ、それが筋肉の硬直につながっているという訳です。


スマホが普及した近年においては、特にそれが顕著に現れているような気がします。

不眠をはじめ、寝ても疲れが取れない、朝起きた時に首肩が重くこっているといった状態のある人は、睡眠中にも交感神経の興奮が鎮まっていない可能性が大いにあり “寝ながら緊張している”ということになるわけですが、そうした方の多くが寝る直前までスマホの画面を見ているという傾向があるようです。



本来なら『眠る前数時間からは部屋の明かりを落とし、スマホやパソコン、テレビなどの電子画面を見ないように』と言いたいところですが、そう治療する側の理想ばかりもいってはいられませんが、睡眠障害を引き起こす何らかのシグナルを感じたら真剣に考えるべきかもしれません。



★ブログ村【肩こり】ランキングに参加中!よろしければクリックをお願い致します!


最新記事

すべて表示

急激な温度変化にご注意を

つい先日まで『暑さも徐々に和らぎ朝晩は涼しくなって・・』と言っていたのに、今日のような雨になると『肌寒さ』さえ感じます。とはいえ、10月でさえ日中はやや暑い日もあったりします。 『季節の変わり目は体調を崩しやすい』とよく言いますが、こうした急激な温度変化が自律神経に大きな負荷となっていることがその大きな原因となりますので、どうぞご注意を。

涼しくなるごとに体調にはご注意を

今朝はだいぶ涼しく、昼間の今現在も涼しく過ごしやすいですね。彼岸過ぎまでは暑い日もまだあるでしょうが、確実に夏は終わり秋へと向かっていることを感じます。 今年の夏は早くから猛暑で暑い日が長くが続き、中盤から後半には台風などで気圧の変化の影響も受けたので、自律神経には負担が大きかったと思われます。この数日こうして涼しくなっていくのは嬉しいことなのですが、それだけに体調の変化も起こりやすい時なので注意

夏特有の首肩こりと温度差にご注意を

連日暑い日が続いていますが皆さん体調など崩されていないでしょうか。 アンベリールが主に扱う自律神経の不調は、いわゆる緊張型の神経である交感神経が過度に働くものです。中でもその影響が顕著に現れる首肩こりを専門にしているわけですが、人間本来の仕組みで言えば夏は副交感神経が優位に働く季節であり、首肩こりも和らぐシーズンとなるはず・・・なのですが、現代生活においては冷房はもはや欠かせないものとなっていて、